イメージ画像

妊娠中の運動の1つとして始めたヨガ

41歳の主婦です。

私がヨガと出会ったのはちょうど10年前になります。それまでは、元々体を動かすこと自体があまり好きではなかったので、テレビなどでヨガの特集などを見かけても、いっさい興味がわきませんでした。

そんな私がヨガを始めたきっかけは、妊娠でした

体を動かすことが好きじゃないことも手伝って、妊娠中あれよという間にブクブク太ってしまいました。

必要以上の体重オーバーは難産につながると知った私が慌ててとびついたのはウォーキングでした。

ところが、当時北国に住んでいたことも災いし、寒いだの天気が悪いだのでさぼってばかりで続かず、次に目を付けたのがヨガだったのです。

読みあさっていた妊娠雑誌にヨガが取り上げられていて、ヨガを続けた結果、安産だったというたくさんの体験談が胸に突き刺さったのです。

家の中にいながら安産に向けて始められる運動はこれしかない!と思いました。さっそく初心者でもできるヨガのDVDとヨガマットまでいそいそと購入し、自宅で取り掛かりました。

雑誌にもDVDにも、ヨガがいかに妊婦だけでなく女性の体にいいものなのかこぞって書かれていましたが、当時は半信半疑だったことをよく覚えています。

そもそも、ゆっくりした動きがいい運動になるなんて思えなかったからです。ところが、始めてみてすぐにヨガの虜になりました。ゆっくりとした動きだからこそ、体じゅうの細部にわたるまで、ヨガのポーズの1つ1つがしみわたるといいますか、効いてる感じがするのです。

妊娠中でもお腹に負担をまったくかけることなく、気持ちよく体を動かせている感じが病みつきになってしまい、もちろん出産までほとんど休むことなく無理なく続けることができました。

何をしても長続きしなかった私がこんなに何か1つのことを続けるなんて、今までなかったので自分でもびっくりしています

始めた当初は妊娠中の運動としてだったので、お産が終わって元の体に戻れば、育児で忙しいし、ヨガをする暇はないだろうと思い込んでいたのです。

ところが、お産で通った産婦人科でもヨガ教室をやっていて、ヨガが産後の体にもいいということを知りました。産後の体の機能回復だけでなく、元の体型に戻るのにもいい運動だと薦めていたことも手伝い、迷うことなく産後もヨガを始めることになりました。

それから10年たちますが、今でも続けています。スタジオなどといったところに通ってやりたいのはヤマヤマなのですが、田舎に住んでいるため、近くにそういったスタジオ的なものがありません。

そのかわり、カルチャースクールがたくさんあるので、場所は近所の公民館だったりするのですが、友人を誘って何人かで連れ立って週に最低1回のペースで今も継続しています。

服装は動きやすく、無理のないスタイルを心がけているだけなので特におしゃれなスタイルではないのですが、下半身は緩めのスパッツに短パン、上半身はTシャツや長袖Tシャツでやっています。

ヨガ歴10年ですが、これからももちろん続けていくつもりですし、都会でいうスタジオにはかないませんが、ヨガが好きな仲間と一緒に楽しめるのでとても有意義な時間を過ごせています。

体にいいというだけではこの10年続けてこれなかったと思います。もちろん仲間と一緒にやる楽しさもそうですが、何よりもやはりヨガの効果を感じるところがあったからです。

元々極度の冷え症だったのが、自分でも驚くほど改善されました

足の指先まで血が通ってることをすごく感じられるようになりました。

そして、睡眠です。妊娠前は寝つきも悪く、睡眠も浅くその挙句寝起きが悪いという悪循環でした。寝つきが悪いのは冷え症で体がなかなか温まらないということもあったと思います。

ヨガを始めたことをきっかけに血の巡りがよくなったような気がしてならないのです。普段の生活ではあまり動かすことのない筋肉などをゆっくりとしかも負担なく動かすことができるのがヨガの素晴らしい点だと思うし、筋肉をほどよく動かすことで血の巡りもよくなったんだと自分では思い込んでいます。

ヨガをやったことのない人にもぜひチャレンジしてほしいと思います。

このページの先頭へ