イメージ画像

はじめたきっかけは岩盤浴

33歳会社員です。

3年ほど前に、家の近所に新しく岩板浴ができるというチラシを見ました。オープン記念で2時間500円という価格にも惹かれ、行ってみました。

岩盤浴に大満足。そこでヨガができる岩盤浴ヨガに興味をそそられた

施設は岩板浴の岩盤が6人分までの小さなものでしたが、脱衣所や休憩室、シャワー室なども清潔でしっかりしていたし、満足していました。

大満足で帰る途中、受付で岩板浴ヨガのチラシを見つけました。健康によさそうだし、やってみようと思い立ったのがヨガを始める事になったきっかけです。

2時間で800円という価格にも惹かれたし、シャワー室完備だったので、シャワーしてドライヤーをして帰れるという事も魅力でした。

夫の転勤に伴う引っ越しにより、通えなくなってしまいましたが、週に2回の岩板浴ヨガを半年続けました。たまたま、岩板浴に行き、そこの受付でヨガが行われている事をしりましたが、半年間ずっと続けられた理由は何と言っても家の近所だったからだと思います。

寒い季節の場合、汗をかいてシャワーした状態で、外を何分も歩く事は考えられません。そして、スッピンの状態でスタジオを出ても、数分で家に到着できるというのも、魅力でした

体験して思うのですが、列車や地下鉄など公共機関でヨガに向かうのは、私には結構なハードルだと思いました。シャワーをした後、また化粧をしなくてはならない事もひとつですし、シャワーをした後なのに満員電車でぎゅうぎゅうになって、家でもう一度シャワーし直さなければならない等のストレスが無かった事が続けられたポイントだったと思います。

ヨガをする時は、登山の際に来ていたポリエステルのTシャツと、同じくポリエステル製の8分丈くらいのハーフパンツを着用していました。理由は、汗ジミを他の人に見られたくなかったからです。

募集には服装自由となっていましたので、他の方は普通のTシャツやジャージなどで行っていましたが、汗ジミが脇の部分から始まって、背中もビッシリと濡れてしまいます。

そのヨガ教室は途中10分間の休憩があったのですが、岩板浴室を出て、明るい場所で座っていると、塗れ具合が一層引き立っていて、自分はそうなるのが嫌だなぁと思いました。

そのポリエステルのTシャツやパンツはいつも登山する時に着用していましたが、登山用として購入したきっかけも汗ジミを見せたくないという理由からでした。着心地もサラサラで、軽いので、終了後に持ち帰る時にもかさばらず軽いので重宝します。

汗を大量にかくホットヨガ。汗ジミが嫌でポリエステルのTシャツを着用

ヨガを行う時は、意識的にスポーツドリンクを飲むようにしていました。ヨガを続けていて、効果的だったのは、体重が増えなかった事です。

ヨガ終了後にはお腹がすくのでよく食べましたが、体重は増えませんでした。また、汗をかくのでお肌の調子がよくなりました。吹き出物もヨガを行っている間にはできなかったと思います。

そして、すぐには気付かなかった事なのですが、寒い季節に突入して、ふと「あれ、手足冷たくない」と感じました。普段は靴下を重ね履きしても足がつめたいのに、ヨガを始めてから初めて迎える寒い季節の時には、裸足の状態でも手足も体もポカポカしていました。

個人的にヨガを気に入っているポイントがもう一つあります。ヨガをしている最中は、精神統一といいますか、気分を集中したり色々な考えをまとめたりする事に専念できました。あった出来事を振り返って、ここが悪かったと反省したり、人間関係や仕事などの状況を改善するにはどうするべきかなど、精神的にゆっくりと考える事ができる良い時間でした。

ヨガを行っている半年間は、こうやって考えをまとめる事によって人に少しやさしくなれたような気がします。私には健康にも良いし、精神安定にも良く非常に気に入っていました。

このページの先頭へ