イメージ画像

ホットヨガのながれ

ホットヨガにチャレンジしてみたいと思っても、具体的にどんな風にレッスンを行うのかがわからなければ不安ですよね。服装は?持ち物は?など気になるポイントをまとめましたので、初めてホットヨガのレッスンを受ける方は参考にしてください。

■レッスン当日

そもそもヨガは精神を安定させるもの。ですからレッスンに行く時も気持ちにゆとりをもってスタジオに向かいましょう。寝坊や遅刻で焦った気持ちのままでは、ヨガの効果も半減です。

レッスン最初の日は特に設備やシステムについて不明瞭なこともあると思いますので、余裕をもって行動しましょう。

そして忘れてはいけないのがトイレを済ませておくこと。ホットヨガは代謝が良くなるので、途中でこまめに水を摂取します。そのためトイレが近くなってしまうこともあるので、集中してレッスンを受けるためにも事前に済ませておきましょう。

■持ち物

スタジオには水とタオルを持って入りましょう。レッスン中は再入室ができない場合も多いので、この2つは必ず持ち込んでください。

レッスンでは思った以上に汗をかきます。水は1リットル準備しておきましょう。ほとんどのスタジオではその場で水を購入できますので、自宅から持参するのが大変だという方はそれを利用してください。

タオルはバスタオルとフェイスタオルの2枚準備しておきましょう。ヨガマットは用意されていることがほとんどですが、その上にバスタオルを敷くよう指導されることもあります。また汗をふくためにフェイスタオルは必須です。

メガネを使用している方はできるだけコンタクトレンズに代えておいてください。スタジオ内は湿気が高いので、メガネではすぐに曇ってしまいます。コンタクトレンズの使用が難しい場合は、曇り止めのスプレーを使用するなどの対策をしておきましょう。
ロッカールームへのメガネ保管用に念のためメガネケースも持参しておくと便利です。

■レッスン中

レッスンではポーズを取ることだけに気を取られないように。ヨガは呼吸が重要です。とはいえ高温多湿のスタジオですから、息苦しさを感じて気分が悪くなってしまうこともあります。ヨガは激しいスポーツではないと思われがちですが、高温多湿の環境ではかなり疲れを感じます。厳しいなと思った場合は無理せず休んでください。もちろん水分補給も忘れずに。

レッスンの最後には仰向けになって目を閉じ、「しかばねのポーズ(シャヴァーサナ)」をとります。このポーズは2~3時間の睡眠に値すると言われるほどのリラックス効果があり、心身のあらゆる症状に有効とされています。全身の力を重力に任せるように抜いて、身体を休めます。

■レッスン後

レッスンが終わればシャワーで汗を流します。着替えたあとや帰宅後も水分補給は怠らずいつもより多めに摂取しましょう。

また、今日のレッスンについて振り返りましょう。分からないことがあれば、スタジオでインストラクターに個人的に質問をしてみるのも良いかもしれませんね。

レッスン後には、かなり気分はすっきり。体も軽くなっているはずですよ!

このページの先頭へ