イメージ画像

ヨガ当日の食事について

ホットヨガの前に食事をしてもいいのでしょうか?また、もし食べるならどんなものを食べればいいのでしょうか? 今回はそんな疑問にお答えします。意外と知られていないこともあるので、ホットヨガをこれから始める方は要チェックですよ!

■ヨガと食事の関係

本来、ヨガの前に食事をすることは控えた方がよいとされています。最低でも食事は2時間前までに済ませてください。ヨガは激しいスポーツではありませんが、ポーズによってはお腹を圧迫したり、頭を下にしたりするので、満腹状態では体が動かしづらくなってしまいます。それだけでなく内臓に負担をかけてしまう可能性もあります。

とはいえ高温多湿のスタジオで体を動かしていると空腹を感じてくるはず。終わってすぐにたっぷりご飯を食べたくなるところですが、それも本当はおすすめしません。なぜならヨガの後は体の吸収率が良くなっているため、栄養分がいつも以上に吸収されやすくなっているのです。ここでたくさん食事をとってしまうと、太りやすくなると言われています。

以上のことからヨガの前後は食事を控えた方がいいとされています。ヨガを行う日は食事もヨガのひとつの流れだと考えましょう。 

■食事の内容

ヨガの前にとる食事も、胃腸に負担をかけないヘルシーで消化の良いものにしましょう。油ものやこってりした食事をとっていると、2時間たってもお腹の中がすっきりしません。ヨガの最中には空腹状態でいるのが望ましいです。

ヨガの後も野菜中心のメニューにしておくとよいでしょう。これは先にも述べたとおり、吸収率が上がっているためです。ヨガで温まった体を急激に冷やさないよう、冷たい食べ物も避けておいたほうがいいでしょう。

ヨガ後の食事は厳密に時間を決める必要はなく、あまりヨガ直後はおすすめしませんが体が落ち着いてきたなと思ったころにとるようにしてください。ただしアルコールは最低でも2時間ほど空けてから摂取するようにしましょう。

ヨガの心は、自然のものを体の中に取り入れるという精神。食事もそのひとつなので、ヨガをする日以外でも食事に気をつけることが一番です。体に良い自然の物を、体にいいタイミングで美味しく食べることこそが大事です。

このページの先頭へ