イメージ画像

ホットヨガとヨガ、どんな違い?

ヨガの中でも最近人気なのがホットヨガです。特にホットヨガは女性に人気なのですが、普通のヨガとホットヨガにはどのような違いがあるのでしょうか。

■そもそもヨガとは

ヨガはインド発祥の修行法。体を動かしつつ心のバランスをを整え、精神を養うものとして、4000年以上の歴史をもっています。

ヨガには多数の流派や種類、系統がありますが、ハタヨガが伝統的です。現在ではエクササイズの要素を含んだヨガもあれば、リラックス効果を重視したもの、体のバランスを整えるものなどさまざまな種類があります。

■ホットヨガとヨガの違い

どちらもヨガなので、ポーズや目的に大きな違いはありません。

ホットヨガ独自の特徴としては、、室温3840度、湿度5565%の部屋で行うことがあげられます。このため普通のヨガとは得られる効果が違ってきます。 

■ホットヨガをするメリット

室温、湿度の高い中で行うホットヨガは、体が温まった状態になっているので、普通のヨガよりも代謝が高まります。発汗作用もすごいので、1時間につき約1リットル以上水分を摂取することになります。代謝が高まり血行が良くなることで、高いデトックス効果を感じられます。

さらに体が温められることで体もやわらかくなるのでポーズがとりやすく、怪我をする可能性も低くなります。

■ホットヨガによるデメリット

デメリットとしては、体力を消耗しやすいということが挙げられます。体力に自信のない方はかなりハードに感じるかもしれません。また、設備の整った場所でしか行えないので自宅などで気軽にトライすることもできません。

■ダイエット効果は?

ヨガもホットヨガも基礎代謝を向上させる効果があるので、美しい体作りには最適です。しかしながら、、どちらのほうが痩せるか?と言えば、ホットヨガのほう。

これはたくさん汗をかき、老廃物を排出しやすいからです。新陳代謝の促進やむくみの解消の面でも、ホットヨガのほうが効率的です。

ただしホットヨガでは暑さと湿度によって集中してポーズをとることが難しい場合もあります。その場合はまずヨガからチャレンジし、呼吸や心を落ち着ける練習を重ねてからのほうがいいかもしれませんね。

ヨガでは体重に現れる効果以外の効果もありますので、ヨガの本質を体感してからでも遅くはありません。

ヨガは自分と向き合いながら強い精神力を養うもの。そこに温度と湿度の力を加えてさらなるデトックス効果を得るのがホットヨガです。心身の変化に即効性がほしいのであれば、ホットヨガのほうがおすすめです。

このページの先頭へ