イメージ画像

肩こりはホットヨガで改善

もはや現代病といってもいいほどに人々を悩ませている肩こり。特に最近ではパソコンやスマートフォンの使用によって、若い人でもひどい肩こりになっている方もいらっしゃいます。そんな肩こりも、実はホットヨガで改善できるのです。

温度高い中でポージングすることで血行を良くする

冬など気温が低く寒いときには、ついつい体が縮こまって方に力が入ってしまいます。夏でもエアコンの影響で血行が悪くなって筋肉が硬くなることもあります。こうして筋肉に力が入りっぱなしになったり硬くなったままでいると、凝りが発生します。

これを解消してくれるのがホットヨガ。ホットヨガを行う室内は、3840度の室温で湿度は5565%ほどとなっています。このため部屋にいるだけで自然と身体が温まり、血行が良くなることでこわばっていた筋肉がほぐれます。その状態でヨガをすると筋肉の可動域が広がって、のびのびと体を動かすことができます。筋肉を傷める心配もありません。さらに、大量の汗をかくのでデトックス効果もあり、リンパの流れまで良くなります。そのためホットヨガをすると肩こりの改善に有効なのです。

姿勢を正して肩への負担を減らす

ヨガのポージングは姿勢を正してくれます。姿勢が悪かったり長時間同じ姿勢を続けていると体の一部に負担がかかり、その部分がこってしまうのですが、ヨガのポーズにはそのこりをほぐしてくれる効果があります。また定期的にヨガを行えば、ゆがみも整います。

ゆがみが整えば普段の姿勢も良くなりますし、凝りを作らない体に変化していきます。 

ストレスをなくして肩こり解消

ストレスも肩こりを引き起こす原因。ストレスがたまると自律神経のバランスが崩れ、その状態が長く続くと血行不良を起こし、肩がこるのです。ホットヨガはそんなストレスを緩和するのにも一役買います。たくさん汗をかくことで体にたまった毒素を排出すると、心まですっきりします。無心でヨガをしていると心も落ち着きますし、リラックス効果もあります。

ストレスは肩こりの他にも体に悪影響をもたらします。ですからホットヨガで心と体のデトックスをしましょう。

肩こりに効くヨガのポーズ

ヨガのポーズは体の柔軟性を増し、こわばった筋や筋肉をほぐしてくれます。特に、チャイルドポーズや猫のポーズ、ダウンドッグのポーズは肩甲骨周辺を伸ばす効果があるので肩こりに効果的です。

1度のレッスンで肩こり解消を実感

たった1回ホットヨガのレッスンを受けるだけで、肩が驚くほど軽くなります。レッスンが終わった後、きっとこれまでと体がぜんぜん違うことを実感するでしょう。

さらに通い続ければヨガの効果でインナーマッスルが鍛えらて姿勢が良くなりますし、汗をかきやすい体質になれるので血行も良くなり、肩こりとは無縁の生活が送れるようになります。つらい肩こりに悩んでいるのであれば、一度でいいのでホットヨガのレッスンにいってみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ