イメージ画像

ホットヨガのおすすめ服装

ヨガの知名度が上がってきた昨今では、スポーツ用品店などに行けば可愛いヨガウェアが販売されています。ですがホットヨガの場合にはどのような服装がいいのでしょうか。

実はヨガに取り組むためには服装も大きなポイント。ホットヨガの効果を最大限に引き出す服装についてまとめてみました。

■体を締め付けない服装

ホットヨガの服装選びで一番重視しなければいけないのが、体を締め付けないかどうかということ。窮屈な服を着ているとリンパの流れや血行を妨げる可能性があるので、少しゆったりした服を選ぶようにしましょう。

またヨガのポーズは普段動かさない部分の筋肉を使うので、硬い生地のものでは自由に関節が動かせません。ですから少しゆったりしていて、動きやすい服という基準で選ぶようにしましょう。前後左右どこを向いても体が動かせて、圧迫感のないものがベストです。

ただしゆったり感を重視するあまり、大きすぎるものを選ぶのはNG。ポーズをとるときに裾や袖が邪魔になってしまいますし、胸元が大きく開いてしまうとそれに気を取られてヨガに集中できません。あくまで体にフィットするサイズのウェアを探してください。

■素材は?

ホットヨガでは大量の汗をかきます。そのため汗を吸収しやすい素材で速乾性のあるキャミソール、ノースリーブ、半袖のものがおすすめです。

汗をかいても肌に吸着しないポリエステルや、メッシュ生地だと着心地もいいはずです。綿素材だと汗を吸収すると肌にべったりして爽やかではありませんし、スウェット生地だとポーズがとりづらくなります。綿素材は臭いも吸着しやすいので、気になる方は避けたほうがいいかもしれません。ポリエステル素材であれば比較的臭いを吸着しにくいと言われています。

もうひとつ注意したいのが、色。汗をかくと透けてしまいますので、透けにくい色や汗ジミの目立ちにくい色を選んでおいたほうが無難です。

汗や臭い対策が万全なヨガ専用ウェアも販売されているので、いろいろと見てみることをおすすめします。

■下着の選び方

見落としがちですが、ウェアだけでなく下着の選び方にも注意です。ヨガ中にワイヤー入りのブラジャーを使用していると、体を締め付けるだけでなく汗の影響でホックの部分や肩紐部分にかゆみが生じることもあります。またポーズが取りづらいこともあります。

こういった不快感が気になるのであればスポーツブラを着用しましょう。スポーツブラであれば無理に体を締め付けることもありませんし、素材によっては汗も吸収してくれるので快適です。

キャミソールなどの内側にインナーブラが内蔵されているブラトップ系のウェアなども便利です。そして汗をかいた後、着替えられるよう必ず替えの下着を用意しておきましょう。

上述のことを参考にしながら服装を選んでみてください。リラックスするはずのホットヨガなのに、服装のせいで不快な思いはしたくありませんよね。着心地がよい快適な服装でヨガに集中すれば、ホットヨガが一段と楽しくなるはずです。

このページの先頭へ